受験は、そんなに難しいことではありません。
人と比べる必要はありませんし、特殊な技術を身につける必要もないでしょう。
希望する針路の先では、なにが求められているか。
そこにいる人たちは、どういう人間を待ち望んでいるか。
優秀な人、というのが、簡単な答えです。
いや、莫迦な人だよ、と思うのであれば、あるいはそれは正しいかもしれませんが、
その場合は、そこへは行かない方がいいでしょう。
秋の朝、水面に浮かぶ紅葉を共に船出する仲間に見立てたのは、
平安-鎌倉を生きた僧侶にして歌人の西行ですが、
例え一人でも、余裕をもって、凛とした空気へ臨めます。
優秀になりたい、と思うのは、普通の感情です。
人に宣言する必要はない、と添えれば、頷き易いかもしれません。
そう、理想の像へ自分が重なる過程を想像してみてください。
いま、どうあればいいか。
そのためには、どうすればいいか。
そんなに難しいことじゃない。
そう思う手助けをするために、このクラスは、あります。